出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

入院と出産代

出産費用という大きな括りの中で、最も金額が大きいのがこの入院と分娩代です。細かな費用はともかくとして、一撃でガツっとまとまったお金を持っていかれてしまうため、この費用がネックとなり、経済的に子供を諦める人もいるかもしれません。現在は助成金が以前よりも高くなっているので、諦める前にご自身の自治体の出産費用助成制度を調べてみましょう。

 

例えば、私が住んでいる練馬区の場合は、練馬区の国民健康保険に、出産する本人が加入していれば、42万円が助成されることになります。支払い方法にもいくつかのパターンがあり、直接支払い制度、受取代理制度等などいくつかの選択肢が用意されています。もちろん自治体によって違いがあるので、自分が住んでいる地域の自治体のホームページや、役所の窓口へ問い合わせてしっかり調べてくださいね。

 

練馬区の場合だと細かな部分まで区役所のホームページに記載されていて、ある程度の内容は理解できるのですが、詳しくは窓口まで問い合わせてくれ、とだけ書いてあるような不親切な自治体もあるので、面倒くさがらずにしっかり調べましょう。

 

そして、ちょっと注意したいのが、前述したように少し前よりも現在は助成金が多少高くなっているのは確かなのですが、それに合わせて出産費用を引き上げた病院が結構多いようです。結局のところ、手元に残るお金はあまり変わらないというの実情です。

 

制度に合わせて病院が費用を値上げしたら全く意味が無いですよね・・・・。そういったところも病院選びのポイントになるように思います。