出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

任意の検査代

ここでは任意の検査代について説明します。

 

任意の検査には、大きく分けて2つあります。ひとつめは、定期健診とは別に、突然の出血などがおきたり、突然の体調変化などのときに、妊婦さんの判断で、検査を受ける時の費用です。ふたつめは、出生前診断といって、事前に赤ちゃんの染色体異常を検査によって調べるような特別な検査費用です。

 

出生前診断にはいくつかの種類があり、その結果によっては出産を諦めるようなケースもあります。出産前に産まれてくる子供が、染色体異常の為に、ダウン症である可能性が示されてしまった場合です。それについては命についての、倫理的な問題を内包するので別項で詳しく語りたいと思います。

 

後者を行う決意をした方は別として、前者のような突然の検診については、全ての妊婦さんが視野に入れておかなくてはならない費用だと思います。検査内容によって費用は異なりますが、1,000円程度〜10,000円程度になることが多いようです。しかし、これも助成金が出ます。定期健診についての項で触れた健診チケットでこの検査も受けることが出来ます。ただし、何から何まで無料になるわけではなく、チケットが使えたり使えなかったりしていくらかのお金を請求されることが多いようですね。

 

細かな部分は地方自治体によって違いがあるので、助成金については、自分の住んでいるところでは、実際にどうなっているのかを、しっかり把握することが大切です。