出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

立会い出産について

立会い出産を考えておられるご夫婦も多いでしょう。そこで、ここでは立会い出産について語ってみます。当たり前のことですが、立会い出産をする場合はご夫婦でよく話し合って決めることが大切です。それは、立会い出産をして良かったという方と、失敗したという方とハッキリ分かれるからです。

 

立会い出産して良かったという女性側の意見としては、旦那さんがいてくれて、何よりも心強かった、というのが最も多いですね。苦しい思いをして子供を出産するのは女性の方ですが、生まれてくる子供は、ご夫婦両方のものですから当然の意見ですよね。

 

ただ、逆の感想を持つ女性もいます。陣痛のときに自分の無様な姿を見られるのがイヤで、出産に集中できなくて旦那さんを邪魔に感じた人もいます。出産は、新しい命が誕生するというドラマティックなことですが、悪い方向に『現実』を体感してしまう女性もいるようです。

 

男性側の意見はどうでしょうか。立ち会えて良かったという男性の多くは、わが子が生まれてくる瞬間をこの目で見れたということを純粋に喜んでいる場合が殆ど。理屈ではないんですよね。しかし、男性側の立ち会わなければ良かったという意見には色々な理由があります。

 

まず、血が苦手な人はかなりキツイようです。それが原因で立会い出産後に奥さんとセックス出来なくなった人もいます。実際、私の身近にもいました。その人は1年以上は出来なかったと言っていました。結果的に今は回復したようですが、とにかく血が苦手で最初から気が進まなかったと言ってましたね。立会い出産をしたのは奥さまの強い希望からだったそうです。

 

さらに、もっと酷い意見だと、妻を女性として見れなくなった、なんて人もいます。出産のときにウンチも一緒に出てしまうこともあります。奥さんが今まで見たこともない顔をしたり、聞いた事もない声を上げたりもします。それで、女性として見れなくなった、というのです。私個人としては、それはあんまりだと思うし、全く持って共感することは出来ません。しかし、あくまでもそれらは個人の感想です。立会い出産をすることが自分たちにとって良いのか悪いのか、本当に心から希望するのかしないのか、夫婦でよく話し合って決めることが何よりも大切だと、私は思います。

 

因みに、私の場合は、妻の強い希望により、立会い出産はしませんでした。私としては立会いたい気持ちもありましたが、妻としては単純に見られたくなかったそうです。個人的な意見としては、やはり女性側の意見を尊重するのが、一番いいんじゃないかと思ったので、妻の希望をすんなり受け入れました。しかし逆に、立ち会いたくない男性がどうしても立ち会ってほしいと奥さまに言われた場合は、前述したようなことが起こりえるので、本当に難しいところだと思いますけどね・・・。