出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

出産予定日って?

妊娠がわかると必ず言い渡れるのが出産予定日。実際、出産予定日って何なんでしょうか?赤ちゃんが正常な時期に生まれることを正期産と言います。正期産を具体的に説明すると、在胎37週0日から41週6日までの、合計35日間の中で生まれることを言います。予定はあくまでも予定なんです。

 

割と予定日どおりに生まれてこないと、慌ててしまう人も多いと思いますが、実はこの出産予定日というものは、35日間も幅がある中から選ばれているので、ハズれてもちっともおかしくないものなんですね。出産予定日にドンピシャで生まれる赤ちゃんは、実は20人に1人程度なんです。とはいえ、やっぱりいつ生まれてくるのかを知りたいというのが人情というものです。

 

パパが仕事で忙しい場合は、突然の陣痛にどう対応するのか、ママはとても不安に思うことでしょう。だからこそ、出産予定日を当てにして、ある程度仕事の調整をして早く帰れるように配慮したりする人もいると思います。

 

私の場合、夜勤の多い仕事ですので、出産予定日の1週間前くらいから、仕事を調整して夜勤を無くしました。だけど結果的には私の休日に妻の陣痛が始まったので、病院に連れて行くところから妻と一緒にいられてラッキーでした。私のようにラッキーな人ばかりではないと思うので、やっぱり出産予定日はあくまでも予定だといえどもかなり緊張する「Xデー」ですよね。

 

予定日を過ぎても陣痛が起こらない場合は、医師のアドヴァイスをよく聞き、いざというときのためにパパもママもしっかり心の準備が出来るようにしましょうね。