出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

高齢出産のリスクとは?

高齢出産とは、統計上、または医学上で、女性が35歳以上で出産することを言います。出産におけるリスクは、女性が30歳をこえた頃から徐々に高くなっていき、35歳前を境に急速に不妊症やダウン症候群の子供を出産する可能性が上昇すると言われています。

 

女性の年齢が高まると妊娠しにくくなりますが、子供を授かるに至るまでは、個人個人で様々な事情があるでしょう。35歳を越えて子供を望む女性だって沢山います。実際、私の妻も37歳で妊娠しましたしね。だから、高齢出産において一番心配なのは、不妊症よりも染色体異常についてだと思います。特にダウン症のことを心配する方が多いですよね。ダウン症も染色体異常が原因で起こるものですから。

 

赤ちゃん

日本では、新生児の約700人〜800人に1人の割合でダウン症が見られると言われています。ダウン症児の出生率は20歳で1667分の1、30歳で952分の1、35歳で378分の1、40歳で106分の1、45歳で30分の1です。さらに、ダウン症以外の染色体異常を持った子供が生まれる確立は、20歳で526分の1、30歳で385分の1、35歳で192分の1、40歳で66分の1、45歳で21分の1となっています。

 

具体的な数字を見ると、35歳をこえたところから急激に確率が高くなっているのがわかると思います。そして、高齢出産は生まれてくる子供のことだけではなく、母体へかかる負担も大きくなります。

 

ここまで読んだ方は、とにかく高齢出産はリスクの塊で、非常に危険な行為であるように思うかもしれません。確かに、私の口から『大丈夫だよ』と、気楽に言えるようなことではないと思います。しかし、家族でよく話し合い、そのリスクなども事前に理解した上で、高齢出産に挑むことが何よりも大切だと思います。

 

現在では羊水検査等の出生前診断により、お腹にいる子供がダウン症の可能性があるかどうかを判定することも出来ます。そういったことを行う場合は、さらに家族で話し合っておく必要があると思います。つまり、もし出生前診断でダウン症の可能性が高いと言われたらどうするのか?それに対する決断は、生命の倫理的な部分に触れてきます。だからこそ、事前に家族でよく話し合い、考えることが必要なんです。

 

高齢出産を考えている人たちに伝えたいのは、闇雲にリスクばかりにとらわれてしまうことなく、現実を見つめ、出産に対して前向きで建設的な考えを持てることができるようになって欲しいということです。