出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

出産費用にはどんなものがあるのか?

出産費用というのは、妊娠してから出産までの全ての費用のことを指します。

 

子供

出産費用は、病院で検診を受ける費用や出産するときに病院に払う費用、入院費用などパっと思いつくものに加えて、妊婦さんがご自分で用意するであろうマタニティーグッズや、内祝いなどの費用も全て考慮に入れて準備しなくてはなりません。

 

漠然とそれを考えると、不況と言われている現在の日本では、子供を持つのは経済的に難しいと及び腰になってしまうご夫婦もいるかもしれませんよね。でも、出産を諦めてしまうのは早すぎます。しっかりと自分たちなりに計画を立て、さらに、自分たちに合った病院選びや地方自治体が行っている、出産に関する補助金制度などを勉強し、しっかり準備を行いましょう。大まかな費用の内訳は以下の通りです。

 

  1. 妊娠検査と定期健診代
  2. 任煮の検査代
  3. 入院と出産代
  4. マタニティーグッズやベビー用品
  5. 内祝い代

 

この中で一番高額となるのが、やはり3の入院と出産代です。入院に関しては、個室なのか、相部屋で良いのかなどによって費用には大きな差が出てきます。

 

さらには、まるでホテルのような豪華な部屋などを用意している病院もあるので、そのような部屋を選択する場合は、さらに高額な費用がかかってきます。出産に関しても同様で、現在では出産方法について様々な選択肢がありますので、ご夫婦で良く話し合い、ご家庭の経済状況などを考慮に入れて慎重に選択するようにしてくださいね。

 

各費用の具体的な解説は、別項にて丁寧に書いていきますので、そちらもご覧になってください。