出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

生まれてすぐの入院

我が子が生まれた病院は、私たちが住んでいる家の近くにあります。ですから、里帰り出産ではなかったのですが、私は夜勤の多い仕事をしているので、生まれてから1ヶ月くらいは、妻と子供だけ、妻の実家で過ごしてもらうことにしました。

 

私が毎日家に帰れるとは限らないので、出産したばかりの体で、誰のサポートも無く子供をみるのは大変だろうという配慮からです。つまり、出産を終えて退院したあとすぐに、妻と子供は妻の実家に移動したのです。私はそれからしばらく週末だけ、車で妻の実家に行くという生活を送っていました。

 

そんな中、事件が起きました。お風呂の後、子供が急に発熱したのです。私はその場にはいませんでしたが、後で話を聞いた様子では、実家のじじばばも私の妻も全員がパニックになってしまったようです。そして、何を血迷ったのか、いきなり救急車を呼んでしまったのです。

 

連れて行かれたのは、救急受け入れのある総合病院。子供はそれからしばらく入院することになり、その後は、我が家(というか妻と妻の母)の動揺っぷりがハンパじゃありませんでした。病院が検査のたびに、不安を煽られるようなことを言うものだから、その度に泣くわ叫ぶはでもう大変。何度も何度も血液検査をされて子供の腕は穴だらけになるし、針をさされた周囲は内出血してるし、とにかく痛々しくて、本当に可哀想でした。

 

その上、肝臓の値が良くない、黄疸も出てるからと言われ、青い光が出る箱に入れたれたり、投薬が原因じゃないのかと思えるほど、おちんちんの周りが荒れまくったりして、さらに妻の動揺は加速して、毎日、子供が心配で心配で、わんわん泣いていました。結果的に大きな病気などではなく、現在、子供は元気に育っているので、今ではそういったトラブルも、思い出のひとつだと思ってます。

 

とは言うものの、私は強く思うのです。発熱したときに、いきなり救急車を呼んでしまったのが大きな間違いだったのだと。それについては次の項で詳しく書きますね。

生まれてすぐの入院関連ページ

妊婦さんを乗せてくれるタクシー会社探しに一苦労
陣痛が始まった時に乗せてくれるタクシー会社があるかどうかについて説明しています。
ついに陣痛・・・でもこれってホントに陣痛?
陣痛が起きたときの体験談について語っています。
病院に到着、陣痛に耐える妻
妻が陣痛に耐えている時の体験談について語っています。
本気と書いてマジと読む!
我が子がもうすぐ生まれようとしている時の体験談について語っています。
起きたら生まれてました
生まれた時の体験談について語っています。
総合病院の良し悪し
総合病院の良し悪しについて説明しています。
誕生日は毎年病院へ
出産や子育てにおいての大切な思い出について語っています。