出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

生後100日目【お食初め】

お食い初めとは、生まれてきた赤ちゃんが、一生涯食べることに困らないようにとの願いをこめて、赤ちゃんに食べる真似をさせる儀式のことです。一般的に新生児は、生後100日前後で乳歯が生え始めます。その時期に合わせて、このお食い初めの儀式を行うわけですね。

 

この儀式の歴史は古く、平安時代から行われてきました。お食い初めは、生後100日目に行うのが一般的ですが、地方によっては、110日目、120日目に行うところもあります。お食い初めのお膳は、一汁三菜が基本となります。

 

具体的なメニューとしては、赤飯、焚き物、香の物、おかしら付の魚、紅白のお餅、吸う力が強くなるようにとの考えからお吸い物(汁物)などがあります。それに加えて『歯固め石』と呼ばれる石を用意します。これはこれからはえてくる歯が、石のように丈夫になりますように、という願いを込めたものです。歯固め石は、地元の神社の境内から授かるものとされています。つまり、地元の神社で拾ってきたものを使うんですね。

 

そして儀式が終わったら、またその神社に返すのが慣わしです。お宮参りを地元の神社でやった人は、その神社から歯固め石を授かると良いでしょう。地域によっては、石の代わりに栗の実や、タコを使う風習もあります。食器は正式には漆器で、高足の御膳を使用して行います。男の子は内側も外側も赤、女の子は内側が赤で、外側は黒の食器を使います。

 

一般的なお食い初めの手順は、最初に歯固め石に箸先をつけ、石に触れた箸先を赤ちゃんの歯茎にそっとつけます。それから以下の順番でたべるまねをさせます。

 

  1. ごはん
  2. 汁物
  3. ごはん
  4. 焼き魚
  5. ごはん
  6. 汁物

 

これを3回繰り返します。このときに、ごはんを一粒でも食べさせるとよいといわれています。実際には、ここまで凝ったことをしなくても離乳食などを用意してこれから先、食べることに困らないようにと願いを込めながら、食べる真似をさせるだけでも良いと思います。我が家では、安物ですがそれっぽい食器を用意して、細かい手順は気にせずに、食べる真似をさせました。

 

要するに形式だけに捉われず、これから食に困らないように丈夫な歯が生えてくるように願うことが大切なんですよね。

生後100日目【お食初め】関連ページ

妊娠5ヶ月【帯祝い】
妊娠5ヶ月【帯祝い】について説明しています。
生後7日目【お七夜】
生後7日目【お七夜】について説明しています。
生後1ヶ月【お宮参り】
生後1〜2ヶ月【内祝い】
生後1〜2ヶ月【内祝い】について説明しています。
1歳の誕生日【一升餅】
1歳の誕生日【一升餅】について説明しています。