出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

生後7日目【お七夜】

赤ちゃんが生まれてから7日目の夜に、命名書を飾って赤ちゃんがこの世に確かにそこに存在していることを、地域の人たちや神様に報告するという儀式です。出生届は生後14日以内に役所に届けることになっていますが、ギリギリまで名前を考えているよりも、このお七夜までにしっかりと決め、この儀式をするのが一番理想的だと思います。

 

命名書というのは、半紙の左側に生年月日、中央上に『命名』、その下に大きく赤ちゃんの名前、左側に両親の名前と長男、長女などの続柄を書いたもの。この命名書を書いて家の一番目立つところに飾るのが、このお七夜という儀式のメインイベントとなります。この儀式を行う際に、沢山の人を招待する家のあると思いますが、現在は内輪だけで行う場合も少なくないですね。

 

命名式の後に会食を行ったり、その会食でのメニューも、地域や各家庭の伝統に従ったものがあったりする場合もあると思いますが、実際はそんなに堅苦しくやる家庭は多くないと思います。実際のところ我が家では、お七夜と呼べるような儀式はやらなかったです。

 

私は、生まれてから現在までずっと東京に住んでいますが、旦那さんの実家が地方だったりすると、我が家とは対照的にこういった儀式を非常に重んじる場合もあるかもしれません。実際、私の妻の妹さんの家では、立派な命名書が壁に貼ってありました。

 

最後にちょっとした知識を書いておきます。まずは、『7日目』の数え方。これは生まれた日を0日目として数えての7日目です。意外と7日目の数え方に迷うひとがいるようです。そして命名書を飾っておく期間について。ママの床上げの後に外すのが一般的です。命名書は大事に保管しておきましょうね。この文章を書いていて思ったけど我が家でもやればよかったなぁ・・・・。

生後7日目【お七夜】関連ページ

妊娠5ヶ月【帯祝い】
妊娠5ヶ月【帯祝い】について説明しています。
生後1ヶ月【お宮参り】
生後1〜2ヶ月【内祝い】
生後1〜2ヶ月【内祝い】について説明しています。
生後100日目【お食初め】
生後100日目【お食初め】について説明しています。
1歳の誕生日【一升餅】
1歳の誕生日【一升餅】について説明しています。