出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

妊娠〜出産後の儀式エントリー一覧

妊娠5ヶ月【帯祝い】

帯祝いは、妊娠から5ヶ月目に入った最初の戌の日に行う儀式です。妊婦さんが腹帯(岩田帯)を締めて、赤ちゃんの成長と安産を祈るというもの。戌の日に行うのは犬が多産であること、その割りにリスクが小さく軽いお産で済むことが多いことに由来しています。昔は妊婦さんの実家が腹帯を用意することが多かったようですが、...

続きを読む

生後7日目【お七夜】

赤ちゃんが生まれてから7日目の夜に、命名書を飾って赤ちゃんがこの世に確かにそこに存在していることを、地域の人たちや神様に報告するという儀式です。出生届は生後14日以内に役所に届けることになっていますが、ギリギリまで名前を考えているよりも、このお七夜までにしっかりと決め、この儀式をするのが一番理想的だ...

続きを読む

生後1ヶ月【お宮参り】

生まれた土地の神様(産土神)に御参りをして、赤ちゃんが無事に成長するように願う儀式です。お宮参りは地域によってかなり色々なスタイルがあり、日取りも地方によって多少のバラつきがあるようです。男の子は30日〜32日目、女の子は31日〜33日目を選んで行うことが多いようですね。お参りを行う際の決まりごとと...

続きを読む

生後1〜2ヶ月【内祝い】

現在、内祝いというのは、周囲の方々から頂いた出産祝いのお返しとして認識されているかと思いますが、本来は、赤ちゃんがこの世に誕生した喜びの気持ちをお祝いの品として、みんなにお裾分けするという意味です。つまり、本来は、貰ったお祝いの品に対しての『お礼』という意味ではないのです。だから、伝統的な考え方に従...

続きを読む

生後100日目【お食初め】

お食い初めとは、生まれてきた赤ちゃんが、一生涯食べることに困らないようにとの願いをこめて、赤ちゃんに食べる真似をさせる儀式のことです。一般的に新生児は、生後100日前後で乳歯が生え始めます。その時期に合わせて、このお食い初めの儀式を行うわけですね。この儀式の歴史は古く、平安時代から行われてきました。...

続きを読む

1歳の誕生日【一升餅】

一升餅とはその名通り、一升(約1.8kg)のお餅のことですが、子供の1歳の誕生日に行う儀式を指す場合もあります。一升餅の儀式は、子供の1歳の誕生日に行い、『一升』と『一生』をかけて、『一生、食べ物に困らないように』、『一生、丸く長生きできるように』、『一生、健康に生きられるように』、などといった願い...

続きを読む