出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

個人産院

我が家は個人産院での出産でした。私の妻は高齢出産に入る年齢でしたが、母体は健康で特に不安要素はなかったので、出来るだけ快適に入院できる、個人産院を選びました。口コミの評判が良い病院でしたしね。

 

妻が入院したときの部屋は、相部屋でしたが少人数だったし、食事などもいわゆる病院食という感じがするものではなかったので、妻は入院中、快適に過ごしていたようですよ。ただ、やはり実際に分娩を行う先生は一人しかいないので、何かあったときの対応は、総合病院や大学病院には劣ります。

 

幸い妻は普通分娩で、なおかつ比較的安産でしたので何も問題はなかったのですが、そういったところに不安を感じる方は総合病院や大学病院も視野に入れて検討するといいと思います。個人産院で対処できない事態が起きた場合に、近くに大きな総合病院や大学病院があるか、さらに、そちらへスムーズに搬送してもらえる体制が整っているかどうかもどうか等を事前に調べておくと良いかもしれませんね。

 

個人産院はサービス業の一面も持っています。ホテルのような個室を用意し、食事もホテルなみのものを出すところもあります。予算との兼ね合いになると思いますが、より快適な入院ライフを最重要視するのであれば、個人病院の方がいいかもしれません。

 

ただ、費用はそういった部分を重要視すると100万円以上かかるような場合もありますのであくまでも無理の無い範囲で選びましょうね。

個人産院関連ページ

大学病院、総合病院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは大学病院、総合病院についてです。
自宅出産
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは自宅出産についてです。
助産院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは助産院についてです。