出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

大学病院、総合病院

出産するときに大きな大学病院や、総合病院を選ぶポイントはなんでしょうか。小さな個人産院よりも、医療設備が充実していて、スタッフも多い為、様々状況に対応して貰えるので安心感が高いのが魅力です。総合病院の場合は、私立よりも公立の方が若干費用は安めのようです。大学病院の場合も同様で、私立よりも公立の方が安めであることが多いです。

 

大学病院と総合病院を比較すると、大学病院の方が最新設備をそろえている傾向にあるので、多胎妊娠や合併症、帝王切開が必要な場合など、ハイリスク妊婦の人にはオススメです。ただ、総合病院、大学病院の特徴として覚えておいて貰いたい点がいくつかあります。

 

まず、総合病院、大学病院は、当然、妊婦さん専用の病院ではないので、数多くの人が出入りするので、ちょっと騒がしい感じがします。最近では個室などがある病院も出てきましたが、入院は大部屋にある場合も少なくありません。大部屋の場合は、さらに賑やかな感じがしますよね。

 

そして、食事なんかはいかにも病院食、というものが主流になっていますので、凄く『病院に入院している』という感じがしてしまうかもしれません。とは言うものの、何かあったときの対応は圧倒的に総合病院、大学病院が早くて頼れるのでリスクの高い出産には総合病院、大学病院が良いと思います。

大学病院、総合病院関連ページ

個人産院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは個人産院についてです。
自宅出産
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは自宅出産についてです。
助産院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは助産院についてです。