出産費用と出産の豆知識 〜子育ての理想と現実〜

自宅出産

最近では自宅で出産をする人も増えています。自宅出産をする場合は、産婆さんの手を借りて出産することになります。出産後すぐに赤ちゃんと過ごせることや、これから暮らしていくテリトリーの中でわが子が誕生するというのは、非常にドラマティックですからね。

 

自宅出産をする場合でも、検診は行わなくてはならないので、助産院と提携している病院を探すか、今現在掛かっている病院が既に在る場合は、自宅出産を希望することを事前に伝えて、異常があった場合は、病院で対処して貰うように伝えておく必要があります。

 

個人的な意見になりますが、自宅出産を選ぶ場合はそれなりの覚悟は必要だと思います。産婆さんは医師ではありません。ですから、出産中に緊急で医療行為が必要なってしまった場合は、病院に搬送しなくてはなりません。1分、1秒を争うような緊急事態だった場合、対応が遅れて助かる命が助からなくなることもあります。その可能性についてご自身が理解をして、しっかり納得した上で、自宅出産を選択するべきだと思います。

 

私個人としては、自宅出産を積極的に薦めるべきだとは思いません。もちろん私にはやめろと声を大にして言う権利などもないですが、前述したような『覚悟』と『納得』をしてから選択するべきだとは強く思います。

 

費用的には病院で出産するよりは大分安く済む傾向にあります。

 

 

自宅出産関連ページ

大学病院、総合病院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは大学病院、総合病院についてです。
個人産院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは個人産院についてです。
助産院
出産する時に利用する施設について解説しています。ここでは助産院についてです。